施設・設備

学院聖堂 ~静かな響きある空間~

大阪信愛女学院は、学院創立120周年を迎えた記念の年(2004年)に念願の聖堂が完成しました。
学院の聖堂の建立は、信愛で学ぶすべての園児・児童・生徒・学生・教職員にとっての心のよりどころ、祈りの場、憩いと安らぎの場となっています。

私の家はすべての民の家と呼ばれる」 イザヤ 56:7

カリヨンタワーは学院のシンボルです。
心をしずめてエントランスに入ります。
水は、マリア像の足元から流れ出ています。
水のせせらぎに耳を澄ませます。
水の道筋をタイルにより示しています。
「遥かなる源泉」のこころを想い起こさせます。

「初めに言があった言は神と共にあった言は神であった言の内に命があった命は人間を照らす光であった」ヨハネ1:1~4

「私は あなたを国々の光とし私の救いを地の果てまでもたらす者とする」イザヤ49:6

末永く人々に愛されることを願って・・・
聖書にちなんだアートやステンドグラス。静かに神と語り合う憩いと安らぎの場
青いタイルは、水の流れを暗示しています。
ぶどうはキリストの御血を表しています。
聖母マリアの悲しみは希望へとつながります。
オリーブは平和のしるしです。
心の奥にしみこむ聖なる空間
心静かに祈れる聖なる空間
「見よ 世の罪を取り除く神の小羊を」
ステンドグラスからほのかな光
祈る人の心に安らぎを与えます。
みんなに愛される聖堂となりますように・・・