新着情報詳細

  • 資料請求
  • 思い出のページ

平成29年度 「卒業ミサ」

3月7日(水)、フリオ神父様(クラレチアン宣教会司祭・あけのほし幼稚園園長)の司式による「卒業ミサ」を行いました。

       

1年生から5年生は6年生のお姉さん達に、6年生は6年間の小学校生活に、「感謝の気持ちを込め」て、「共同祈願」を捧げました。

「6年生のお姉さんは、いつも優しく、お掃除の仕方を教えてくれました。お姉さんのお陰で、始めは分からなかった事が、たくさん出来るようになりました。神様、お姉さん達がいつまでも私達のことを忘れず、毎日元気に過ごす事が出来ます様にお守りください。」1年生

「いつも私達に優しくしてくださったお姉さん、縦割りグループの遊びは、とても楽しかったです。私も6年生を見習って、新1年生のお手本になれるように頑張ります。神様、優しいお姉さんが中学生になっても、病気や怪我なく、健康に過ごす事が出来ますようにお守りください。」2年生

「6年生のお姉さんは、いつも優しく、私達を笑顔にしてくださいました。これからも、優しく笑顔の輪を広げてくださるお姉さんでいてほしいです。神様、中学校へと進学されるお姉さん達の上に、たくさんのお恵みをお与えください。」3年生

「6年生のお姉さんは、縦割り掃除や仲良し活動の時に、優しく丁寧に教えてくださいました。いつも私達を優しく導いてくださった6年生に私は憧れています。神様、お姉さん達が中学生になっても、実りある学校生活を送る事が出来ます様にお守りください。」4年生

「もうすぐ6年生のお姉様方が卒業されます。神様、この広い世界の中で、私達を出会わせてくださってありがとうございます。卒業されるお姉様の様に、私達も優しい心で、下級生を力強くリード出来る最高学年になりたいと思います。お姉様方がこれから先も、神様に見守られ、楽しい中学校生活を送る事が出来ます様に。」5年生

「神様、6年間、楽しく学校生活を送れたことに感謝します。私達は、この6年間たくさんの方々に支えていただいたお陰で充実した生活を送る事が出来ました。中学生になっても、感謝の気持ちを忘れず、勉学に励む事が出来ます様に。」6年生

フリオ神父様のお話

「卒業生の皆さん、みなさんは『地の塩 世の光』です。塩は、人が生きていくうえでなくてはならないもの、また、味を引き立たせるために目立たないかもしれませんがその存在は大きなものです。光は、世を照らす光。この世になくてはならないもの、かけがえのない存在です。卒業生の皆さんは、『地の塩 世の光』として、これからの人生役立つ人になってほしいです。」

 

「このメダイを身につけている人は、大きなお恵みを受けるでしょう。」と、神父様に祝福していただいた後、校長先生とシスターからメダイをかけていただきました。

 

フリオ神父様が、『きみは愛されるために生まれた』を歌ってくださいました。

♪ 君は愛されるため 生まれた

♪ 君の生涯は 愛で満ちている

♪ 君は愛されるため 生まれた

♪ 君の生涯は 愛で満ちている

 

♪ 永遠の神の愛は われらの

♪ 出会いの中で 実を結ぶ

♪ きみの存在が 私には

♪ どれほど大きな 喜びでしょう

 

♪ 君は愛されるため 生まれた

♪ 今もその愛 受けている

♪ 君は愛されるため 生まれた

♪ 今もその愛 受けている