新着情報詳細

  • 資料請求
  • 思い出のページ

平成30年度 学習発表会

暖かい日が続く11月11日(日曜日)、大阪信愛学院小学校の学習発表会が行われました。

1年生~6年生までの劇・歌・踊り・英語劇・聖劇・群読・合奏、4年生以上の合唱団による歌、4年生~6年生の「英語暗唱大会」スピーチコンテスト優勝者による発表、いつもお世話になっている家族に学習の成果を正々堂々と発表しました。

1年生は国語科で勉強した「ひらがな」「カタカナ」を読んで覚えた「おたまじゃくしの101ちゃん」の劇でした。信愛小学校に入学して半年、本校で一番フレッシュな児童たちの一生懸命な演技は、見ている保護者の方や児童も「頑張れ!」と心から応援しました。

2年生は「いのち」について。お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃんと受け継いだ「いのち」を大切にしていこう、未来に向かって頑張っていこう!ということを歌と踊りで表現しました。児童が書いたお父さんやお母さん・おじいちゃん・おばあちゃんの顔が素敵でした。

3年生は英語劇でした。田舎ネズミと都会ネズミのお話で、お互いが友達、住んでいる所や食物が違っても誰でも仲良くなれるというメッセージの劇です。すべて英語のせりふの劇を元気はつらつと頑張りました!

4年生は聖劇です。日常の生活の中で「お祈りの意味」を考えるものでした。児童の心の中にある「お祈りの種」は生活の中で人を思いやる心によって大きく花開くことを劇でわかりやすく教えてくれました。

5年生は1学期に勉強してきた「平和学習」のまとめとしての群読を行いました。「平和」とは何か。広島への社会見学や社会科の授業を通して、児童が感じた素直な気持ちと未来への考えを「平和をつくためのルールを守る」という誓いに変えて訴えました。

6年生は器楽合奏。毎年、学習発表会の最後の演技・小学校生活のまとめとして頑張ってくれる6年生。今年も4曲を披露しました。6年間、様々なことがありましたが、最後の学習発表会として心に期するものがあったはず。最後まで集中を切らすことなく大きな拍手をもらうことができました。