新着情報詳細

  • 資料請求
  • 思い出のページ

平成30年度 「前期 児童会役員選挙」

4月23日(月)、「前期 児童会役員選挙」が行われました。

会長と副会長を決めるために、立候補者(6年生)が意見発表を行いました。「あいさつ運動」や全校生でのスポーツ活動「スポカラ」の推進を訴えるなど、自分の目指す信愛学院小学校について発表しました。※「スポカラ」とは、「スポーツをして教室を空(カラ)にしょう」という意味です。

また、立候補者の意見ついて質問をするなど、真剣に選挙に臨みました。

 

 

次は、書記立候補者(5年生)の意見発表です。

 

 

開票の結果、前期児童会役員(会長・副会長・書記)が決まりました。登壇し、全体の場で自分の意見を述べることはとても勇気のいることです。どの候補者も立派な意見を述べたので、責任をもって児童会活動に取り組んでくれることを確信しました。役員と全校児童が信愛学院小学校を明るく楽しい学校にするために、ともにがんばりましょう。