新着情報詳細

  • 資料請求
  • 思い出のページ

街頭募金 事前学習

大阪信愛女学院小学校として初めて取り組む街頭募金についての事前学習を、1年生から6年生までの全児童が行いました。

「なぜ募金をするのか」「だれに募金をするのか」「募金をするときに気を付けることは何か」の3点について学び、考えました。

校長先生からは、紛争地・被災地の子どたちの様子を実体験を交えて語っていただきました。「飲料と生活用の水を得るため、遠くにある井戸まで時間をかけて汲みにいかなければならない現状。そのために教育が受けられない現実。何往復して得た水も汚染されていて、浄水する設備もありません。水が原因で病気にかかってしまう環境のこと」など、児童たちが普段経験することのないお話を聞きました。

また、ユニセフのホームページにある紛争地・被災地の子どもたちのインタビューや、信愛募金10箇条について、先生による「募金の例」の寸劇など、児童達に実感がわくような事前学習になりました。